CAFÉ大阪茶会のロゴ

大阪で新しい日本茶
      スタイルを。

日本が誇る総合芸術
「茶の湯」の世界観を
かつての「天下の台所」
大阪で。

CAFÉ大阪茶会の外観

日本一長い商店街、大阪天満宮西隣り

大阪城から徒歩20分ほど北へ、江戸時代「天下の台所」として全国から物資が集まってきた大川の八軒家浜近くの天神橋を渡った商店街の中に当店はございます。日常のお買い物帰りのお客様、遠方からの観光客にもほっこりくつろいで頂いておりますので、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

3つのポイント

挽き立てのお茶

挽きたてのお茶

当店では、農薬不使用など茶葉をご注文を受けてから挽いております。4つの産地から取り寄せた挽きたてのお茶は、新鮮で味わいも香りも格別です。

茶器

お好きな茶器をセレクト

ドリンクをご注文のお客様には、店内に100種以上ある茶器の中から、お好きなものをお選び頂けます。ラテなどのカジュアルなドリンクもお抹茶茶碗で召し上がって頂け、五感でご堪能頂けます。

CAFÉ大阪茶会の店内

サードプレイスとしてくつろぐ

当店のコンセプトは「市中の山居」。都会の喧噪から一時の間でも離れて、一息つけるシックカジュアルな癒しの空間です。心身のご休息に、心地よい一服をどうぞ。

美味しいヘルシー

日本茶を様々な角度から楽しんで頂くために、豊富なオリジナルメニューをご用意しています。
ここでしか味わえないものばかり。ぜひお薦めのドリンク、デザートをご賞味くださいませ。

おすすめ

挽きたて緑茶ラテ

\ドリンク人気NO.1!/
挽きたて緑茶ラテ

生乳100%六甲山麓牛乳とお茶のミックスは飲みやすく海外からのお客様にもご好評頂いております。ミルクと挽きたて茶のパウダーで作る深みのある味わいをご堪能ください。

和歌山 玉林園の「抹茶ソフトクリーム」

和歌山 玉林園の
「抹茶ソフトクリーム」

甘さが控えめであっさりとしているので老若男女問わず楽しめる通称「グリーンソフト」。人気のデザート全部のせの「甘味グランデ」や粒あん党に人気の「甘味トリビュート」でも召し上がって頂けます。

CAFE大阪茶会名物プレミアムぜんざい

CAFE大阪茶会名物
プレミアムぜんざい

「元気が出るぜんざい」と銘打った年中人気の当店オリジナルのぜんざいです。お茶の苦み、小豆の甘みに焼き餅の香ばしさが加わり、唯一無二の深い味わいです。

日本茶の魅力を引き立てて

ペットボトルのお茶以外、お口にされない人々が殆どの中、
日本が誇る総合芸術「茶の湯」の世界観とともに、日本茶の新しいスタイルで
健康的な生活のお役に立てれば、との思いで2016年に創業致しました。
ぜひ一度、新しい日本茶の魅力をご堪能くださいませ。

お茶 4つの産地

朝宮茶-滋賀-

朝宮茶-滋賀-

1200年前800年代から滋賀県琵琶湖の南部に位置し、京都、三重との県境に近い信楽盆地の標高3~400mの朝宮地区で作られる日本最古のお茶の一つです。店内壁面の茶畑風景は2016年3月に朝宮現地で撮影した幻想的な茶畑の写真を使用いたしました。

丹波茶-兵庫-

丹波茶-兵庫-

1200年前800年代から兵庫県中東部の丹波篠山地区で作られ、当時編纂された「日本後記」にも記されている歴史有る日本最古のお茶処の一つです。丹波篠山は、恵まれた土地から作られる黒豆や栗などが有名ですが、寒暖差の大きい盆地の茶畑で作られるお茶は香味豊かな味わいです。

和歌山のお茶

和歌山のお茶

和歌山の世界遺産エリアの熊野地方那智勝浦町は、1200年以上前室町時代より、お茶が作られていた本州最南端のお茶処です。紀伊山地の山高く谷深い地形、標高500~700mで栽培される南国の太陽の恵みを受けた茶葉には、全ての自然の恵みが詰まっています。

鹿児島茶

鹿児島茶

お茶の一大生産地の九州を代表するお茶処鹿児島の中でも薩摩半島の西海岸に面した南さつま海道が有名な南さつま市の茶園「小牧緑峰園」のお茶です。いにしえより海外との接点を持った南さつまは、お茶の名産地でもあります。お茶のお味は、南さつまの豊富な日射量によるコクや旨みの強さが特徴です。

住所 ▸
〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2-1-25-1F
電話 ▸
06-6755-4789
営業時間 ▸
日曜・月曜:12:00 ~ 18:00 ( 17:30 LO )
火曜-土曜:12:00 ~ 19:00 ( 18:30 LO )
*2020年3月より、コロナ禍により時短営業させて頂いております。
定休日 ▸
無し
アクセス ▸
大阪メトロ 谷町線・堺筋線 「南森町」駅 4-B 出口から徒歩2分
JR東西線 「大阪天満宮」駅から徒歩2分

ページトップ